保険治療の対象となる方

 

痛みや麻痺などで自力での歩行が難しく

 

治療院へ通院するのが困難な方が対象です


1、 神経痛 

 

【例】坐骨神経痛(おしりから太腿のあたりが痛い、またはしびれる。

   顔面神経痛(顔のどこかが痛い、またはしびれる)

 

 

2、 リウマチ 

 

【例】からだのいろいろな関節が痛い。

     ドアノブや水道の蛇口をひねる時、指などが痛い。

 

 

3、 頚腕症候群 

 

【例】腕や指先がしびれて文字が書きづらい。

       肩こりから頭痛やはきけが起こる。

 

 

4、 五十肩 

 

【例】髪を結う、帯を締めるなどの動作が痛い。

       高いところのものを取るのが痛い。

 

 

5、 腰痛症 

 

【例】家事でぎっくり腰をしてから腰がおかしい。

 

 

6、 頚椎捻挫後遺症候群

 

【例】交通事故で首を痛めて以来首、肩、腰などがおかしい。(むちうち)


※ご自分の症状が上記疾患に当てはまるかどうかわからない場合も安心してご相談ください。

 

※鍼灸治療では同じ病名で医師の治療を受けている場合は健康保険の適用が認められません。

 

※詳しくはお電話にてご相談ください。