訪問・在宅 鍼灸・リハビリとは

  •  国家資格者の鍼灸師が医療保険制度(国民健康保険・社会保険)を使って ご自宅介護施設などに定期的に訪問して鍼灸治療や揉みほぐし、リハビリを行います。

 

  •  主におからだに麻痺や痛みがあるか、精神的に苦痛があり通院が困難な方で 曜日とお時間を決めて定期的に施術をご希望される方が対象となります。 

 

  •  介護保険は使いませんので限度額がいっぱいの方でも関係なく受けられます。 

 

  •  ご負担額は、医療保険の負担率(1割もしくは3割)となります。

 

  •  障害者手帳2級以上をお持ちの方は全額支給されます。(ご負担額は無料です)

 

  •  生活保護家庭の方もご相談ください。(生活保護指定施術者の認可をうけています)

 

  •  施術を始めるにあたって、お医者さまもの同意書が必要になります。同意書はご用意したものをお届けに上がり、しっかりとご説明いたします。まずはご相談ください。

からだに痛みを抱えていると

日常生活に支障をきたすだけでなく

心がふさぎ、不安やおそれ、イライラ、憂うつ

つきまといがちです。 

 

心がこんな状態ですと、からだの

『よくなろうとするちから=自然治癒力』も弱ってしまいます。

なぜなら、こころとからだは密接に繋がり、影響しあっているからです。

 

そんな状態では症状が良くならないばかりか、

さらに身体のあちこちに連鎖的に悪影響が出てしまいかねません。

 

ガマンすればすむこと、と諦めないでください。 

 

鍼灸治療というと

肩こり、ぎっくり腰などの痛みを緩和するだけの治療と思われがちですが

実はそれだけではありません。

 

鍼灸治療を生み出した中国の伝統医学=中医学(ちゅういがく)では

鍼を施すことで単に筋肉を刺激するのではなく

からだを通るエネルギーの通り道=経絡を刺激して

気の流れを促したり抑えたりすることで

心身を全体的に診て治療します。

 

それによって滞っていた気や血の流れを整えてバランスをとり

自然治癒力をアップさせ治癒に導くのです。

 

身体の機能だけでなく、

感情や心の状態も同じように整えることができます。

人間の身体心の動きそして生命力といった

神秘的なちからによって生かされているのです。

 

このすばらしいちからをたくさんの方に知っていただき

回復の喜びをご一緒に体験していきたいと願い

日々精進をこころがけながら

みなさんのお宅に往診させていただいています。

 

会うだけで元気になっていただけるような

治療師でありたいと願っています。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください。